2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
サミット
2008/07/11(Fri)
これについては、成果があまりにも想定内だったもので、書かないでおこうかなぁと思ったのですが、
雨が降っていて、外に出れないので、なんとなく書いてみることにしました。

皆さんもご存知のとおり、7/7~7/9まで、北海道洞爺湖でサミット(主要国首脳会議)がありました。
サミット


やっぱ、サルコジが一番かっこよかったねー、なんて。背は低いけど。
まぁ、それは置いておいて・・・

北海道では、いたるところに警察官がたっていたり、いろんな都府県の警察官も来ていたりしていまし
た。サミットが始まる大分前からそういう感じだったし、話に聞くと、東京とかもすごかったらしいですよ
ね。逆に「もしや、テロでも起こるんでは?」なんて思ってしまったりしていました。

(まぁ、『24』の見すぎですかね・・・)

さて。。。サミットの成果はというと・・・

なんか、一番大事なことを全部先送りにされた感が否めないですね。。。

もちろん「成果がある」という人もいるかもしれません。そう言うには、それ相当の理由があるのだと思
います。北朝鮮の核問題や、拉致問題とか。これはとっても大事なことだと思います。でも、本当にそ
う言っていいのかな?優先順位を考えると、大切なことはすべて後回しにされた気が。
私たちの生活をなおざりにされたような・・・
ただ、福田さんに花道を残してあげただけのような・・・
ブッシュももうすぐ辞めちゃうし・・・
ってか、これを逃したら、いつ話す気なの?

そもそもそれを話す気だったの?首脳陣。

私は、環境問題、石油の投機マネーの抑制、食糧問題について、今回はもっと近い将来に活きる前
向きな話をしてほしかったなぁ。。。と。
原油高騰は、一部の投機家たちのせいだといわれているけれども、実際は「たまたまそれが引き金
になっただけで、それがなくても原油が下がることがない」と言われています。
ですが、この上がりようは、やっぱり尋常じゃありません。
その投機マネーの抑制に、もっと積極的になってほしかった。
これでは、問題を先送りにしているだけだし、なんのために各国首脳が集まったのかわからない。

環境問題について言えば、「今大丈夫なんだから・・・」という考えが見え見え。
こんな人たち、またはこれからこの人たちの意思を継ぐだろう人たちならば、この先の未来に、今より
も環境がよくなることなんて、ありえないだろう、そう思いました。

ちなみにCO2の40%はG8の国々から排出されているらしいです。アフリカはたった2%。
そんなアフリカの人たちは、『バイオエタノール』のおかげで、物価があがり、食べるものもほとんどな
い状況だそうです。本末転倒です。
それをやっているのはG8の国々。
G8の人たちが話し合っている環境問題に、先は見えるのかな?

日本では、今まで廃棄が大変だった『米のとぎ汁』をバイオエタノールに変える技術ができているそう
です。あと、どこの国だったかな・・・たしかスウェーデンだったと思いますが、排水から出たガスから、
バイオガスを作り、もうすでに市内を走るバスには利用されているとか。家庭の暖房も、ごみ焼却炉
の熱エネルギーを利用したりと、積極的にエネルギーの再利用をしていると。(ただ、スウェーデン
でも、一般車両をバイオガスを使う車に変えることが金銭的に難しく、ほとんどはガソリン車だそうで
す)

温室効果ガスの削減率については、アフリカや砂漠などの緑化に成功すれば、その分引き下げて
もらえるらしいです。だからといって、自国でいいだけCO2を出してよいというわけではありませんが、
本当に地球のことを考えるのであれば、他の国を支援するということも必要です。緑化が進めば、農
業ができるようになる。そうなれば、食料自給ができるようになり、今よりも食糧問題が解決に向か
う。まさにG8各国がやらなければならない責務はそれでしょう。

おいしい料理に舌鼓を打ちながら話している場合じゃない。

最後に、あるアフリカのジャーナリストの言葉が、印象に残りました。
「(G8は)はじめから環境問題について話し合う気なんてないのですから」

そのとおりです。。。

スポンサーサイト
この記事のURL | 政治・経済 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
税方式
2008/05/20(Tue)
たまにはこんな話もしてみようかなっと思っています。
すっごい気になったんで。。。

基礎年金を現行の『社会保険方式』から、それを止めて消費税でまかなうことにするという『税方式』
にするためのシュミレーション
が発表されましたよね。

これ、どうしてもわからないことがあるんですが、現行の社会保険方式を止めて、完全税方式に移行
するって、極端すぎると思うんですが、皆さんはどう思いますか?

私はそれよりも、現行の社会保険方式+税方式って言う風にして、現在の年金者に対して、私たちの
年金が使われているという『賦課型年金』部分(現在は修正積立型で、賦課型と積立型の半分らし
い)を、自分たちの年金は、すべて自分たちで積み立てるという『完全積立型年金』に徐々にシフトし
ていくっていう形にするために、軌道修正することのほうが、大事なのではないのかな?と新聞を見な
がら、ずっと不思議に思っていました。

少子化はこの先、どんどん進むでしょう。そうなったら、確実に今の賦課年金部分は足りなくなる。
そうすると、年金が払われないのではないか・・・という不安から、年金を払わない人が増えていると
いう風潮は、この先も変わらない気がします。

だったら、今のうちから完全積立型に移行するべく動くべきだと思うんだけどな。。。
目先のことよりも、何年後かに安定する方法を見つけたほうがいいのに。

あと、年金が支払われるためには25年の納付実績がないといけないのですが、それが10年に短縮
される・・・というのも新聞には書いてあったけれども、それは・・・なんともいえないです。。。

例えば、うちの父ぐらいの年齢の人(団塊の世代)の人が働き始めたころは、年金が義務じゃなかっ
た時代があるようで、そういう人には、10年に短縮してもいいと思うけれども、今の20才以上の人た
ちには25年でいいのではないかと思います。

私だって税金が高くなるのは、すっごく嫌です。
だけど、税金を上げないために、子供やお年寄りに十分な保障ができなくなるぐらいなら、嫌なんて
言ってられません。

あと、社会保険庁の職員のリストラ(公務員なので難しいですが)など、考えられる「税金の無駄遣い
の粛清」は結構あると思います。

私の論点はズレてるのかな?

このニュースを見てから、ずっと考えていたのですが、この国の政治家は、本当にこの国を良くしようと
しているのでしょうか・・・

どうしたらいいのかなぁ。。。と、一人考えていますぅぅぅ。。。

誰か、おしえてぇぇーーー

この記事のURL | 政治・経済 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。