2008 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2008 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2008/10/11(Sat)
さっき家の近くで虹が見えました。

虹

実物の方が、すっごいきれいでしたよー♪
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
トウキョウソナタ
2008/10/11(Sat)
トウキョウソナタ』見てきました。
監督は黒澤清さん、主演は小泉今日子さん、香川照之さんです。
トウキョウソナタ


誰か 私をひっぱって・・・

リストラされたことを家族に打ち明けられずにいる父・竜平(香川照之)。ドーナツを作っても食べてもらえない母・恵(小泉今日子)。米軍へ入隊する兄。こっそりピアノを習う弟。何もおかしいものなんてなかったはずなのに、いつの間にか深まる家族の溝。それでも、みんながみんなを思いやるとき、バラバラの不協和音が一つの旋律に変わる――。

カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞にもなった作品です。
黒澤清監督は、役所広司さん主演のホラー映画で、世界に広く知られている監督です。
そんな監督が、初めて描いた家族映画なのですが、『日本映画とはこういうものだ!』っていうものだ
と思いました。
遠目からの映像が多いのですが、ある家族の葛藤を、他人の自分が遠目から覗き見ている、そんな
感じにさせてくれました。
「顔の皺も隠さず全部そのまま撮ってしまってください」と当初から意気込みを見せていたという小泉
今日子さんは、本当に妻であり、二人の子の母あり、誰からも感謝されることもなく、ただそこにいる
のが当たり前な存在であることに、むなしさを感じている女性を見事に演じていました。
でも、静かに海を見つめるシーンでは、「あー、本当にきれいな人だな・・・」と思いました。

香川照之さんは、やっぱりうまい。ってか、彼の演技の細かさというか、彼独特の雰囲気が、『強い
のに情けない父親』っていう配役にぴったりでした。
ほんと、大好きな俳優さんです。

んで、アメリカの軍隊に入隊する長男役の小柳友君は、ブラザートムさんの息子さんです。
背が高いし、ちょっと要潤似でかっこいいです。
この映画で一番いい演技をしているのは、次男役の井之脇海君。
両親に内緒でピアノを習うんですが、とてもまっすぐな少年で、悪いことは悪いとちゃんと言える子なん
です。友達思いで、他人の心をちゃんと汲むことができるところもあり、ある意味、家族の中で一番冷
静であったのは彼だけでした。
最後にピアノを弾くシーン(実際は本人が弾いていたわけではない)のですが、実際ピアノを習ってい
るらしく、ほんとにちゃんと弾いているようでした。(ただ、足のペダルは踏んでなかったけど)
最後、そのシーンで終わるシュールさが、良かったなぁ。。。

家族がゆっくりと静かに崩壊していきそうになるけれども、またゆっくりと同じところに戻っていくという
ところが、荒野に1つだけ佇むビルに、ゆっくりだけど強い風が吹いて、あともう少しで倒れそうだ・・・と
いうときになって、逆方向からまたゆっくりと風が吹いて、ビルが元の位置に戻っていく―――
そして、元の位置に戻ると、倒れそうになっていたときよりも、みんなが少し前を向いているという感じ
を受けました。

いい映画を観たという気がしました。

この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
引き出物
2008/10/10(Fri)
先日の友達の結婚式で、珍しい引き出物をいただきました。
アフタヌーンティーの引き出物カタログです。
それで、「この中から、好きなものを選んでください」という彼女らしい素敵な配慮に、感動。
私は、テーブルランプを頼みました。

テーブルランプ
寝室で使おうかと思いましたが、考えてみたら、寝室で本を読むことはないし、私のミシン机に置くこと
にしました。かわいい♪
自分は、トンデンファームのベーコンとかのセットを引き出物にしたのですが、もうちょっと予算があれ
ば、こういうカタログで引き出物を選んでもらうっていうのも良かったなぁ。。。って思いました。

あっきゃん、ありがとよーーーー♪
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。