2009 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
あいつらが家にやって来た!とプチ収穫祭
2009/07/30(Thu)
ついに、あいつらが家にやってきました。
そのあいつらとは、こいつらです↓
シーサー
沖縄で作ったシーサーです。

右がらっきょ作、左がらっきょ夫作。
サイズは、二つ折りの携帯電話よりちょっと小さいぐらいの高さです。
二つとも、なんか愛嬌があるでしょ♪

どこに飾るか考え中です。
とりあえず、残業で帰ってくる旦那を驚かせようと、どこに置いておくか検討中です。

そして、うちのプチトマトと青じそが、美味しそうになりましたので、一部収穫しました。
ベランダ菜園のトマトと青紫蘇
紫蘇は今までに何回も収穫してるんですが、トマトは初めてです。
たくさん青い実はなってるんですが、まだまだ赤くはなってません。
追肥っていうのをしていないから赤くならないのかしら?液体肥料は与えてるんですが。

それでも、お弁当に入れれるぐらいにはなりましたので、今日収穫しましたよ。
母さんが言うには、黄色くなったらもう採っても良いって話なんですが、どうなんでしょうか?

とにかく、かわいいやつらですよ。

んで、紫蘇が結構大きくなるので、今日はその紫蘇を使って、『すりみの紫蘇巻き』っていうのを作りました↓
すり身の青じそ巻き
なかなか美味しかったです。

何より、自分で作った紫蘇が、メインの料理になるのって、うれしいですねー♪

そんな感じです。

旦那、珍しくパチ残業じゃない、本当の残業です。
明日も残業らしく

「大好きな麻雀を断った。。。」

と落胆してましたよ。


スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
エゾ梅雨
2009/07/29(Wed)
北海道はただいま『エゾ梅雨』真っ只中のようです。
湿度が高い
たまたま見たら、部屋の湿度が72%だったのでびっくりしました。(ちなみに、冬になると何もしなければ、30%を切ります。)
梅雨がないと言われてたんですが、ここ数年、じめっとしています。
でも、本州以南の梅雨とは比べ物にならないんですがね・・・
気温は20℃を超えてはいるんですが、お天とさんがほとんど顔を出さないので、涼しいです。
なので、扇風機は涼のためにではなく、洗濯物を乾かすために使ってます。

さて、そんなじめじめした天気だからなのか、誕生日のときに旦那にもらったお花が1週間目にして
元気がなくなり始めました。バラは本当に枯れてしまったわ。水、マメに替えてたけれども。
せっかくだから、結構分家しちゃいました。
これはその一部です。
花を置けるようなところが意外となく、苦肉の策なんですが・・・
↓ストーブの上です。使ってない籐のかごの蓋の上にブラウンのギンガムの布を載せて。
これはなかなか私にしてはおしゃれでしょー♪器は、1脚あったコーヒーカップの割れないで残った方
を使ってます。
花1
↓普通の花瓶です。昔お友達にもらったものなのですが、何気に重宝してます。
後ろにあるCDは、DEPAPEPEの『Let's go!』です。
花2
↓花瓶的なものがないので、旦那が飲んでいたリ○ビタンDの入れ物を花瓶代わりにして、麻糸を使
って玄関につるしました。
花3
落ちないように・・・

花がたくさんあるので、まだ5つぐらい分家してるんですが、とりあえず、こんな感じです。
短く切っちゃったから、どのぐらいもつかな・・・


話しが変わりますが・・・
昨日、旦那が健康診断でした。
33歳にして初めての胃カメラに、前日から大緊張のようでしたが、なんとか終わったようです。
胃酸が若干出すぎで、ちょっとだけ荒れていたとのこと。あとはきれいみたいですが。

それよりも、愛煙家の旦那。1日1箱ペースで吸うのですが、肺のレントゲン写真を見たお医者様に、


「とってもきれいな肺ですね。タバコなんか吸ってないでしょ」


と言われたそうです。

皮肉で言ったんじゃなかったら、大丈夫か、ここのお医者様・・・って思いましたよ。


この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
プロ野球 オールスター戦を見てきました。
2009/07/26(Sun)
札幌ドームで行われた、プロ野球オールスター戦を、初めて見に行きましたよ。
オールスター戦2
オールスター戦1
オールスター戦3

札幌に住んで13年。
初めて札幌ドームに行きましたよ。
今回のオールスター戦も、たまたま私たち夫婦の元同僚が、その日に予定ができたので譲ってくれる
ということで、行くことができましたが、基本的に、そんなに野球観戦には興味がない私だったのに、初めてのドームに、ちょっと感動しました。広いんですねー
すごい人で、びっくり。ほぼ満席でした。

応援合戦みたいのとかも楽しかった。気がついたら、セ・リーグの応援とかもやってたけれども、そんなのお構いなしですものね。無礼講って感じで、みんながみんな、それぞれの応援を楽しんでました。

各球団のキャラクターもかわいくて、日ハムのBBくんよりも、中日のドアラくんの方がが大好きになっ
てしまいました。あいつ、かわいいぜ。

ってか、きっと中に入っている人、おっさんなんだろうけれどもさ。

遠かったし、1回表で終わっちゃったけど、ダルヴィッシュと楽天のマー君見れて良かった。マー君、北
海道では日ハムの選手よりも人気者でしたよー。あー、日ハムに来てくれればよかったのにー。

旦那は、稲葉のタオルとうちわ買ってました。でも、「井口が好きだ」って言ってました。
もし次行くときは、Tシャツとかユニフォームとか買っちゃおうかしら♪

札幌ドーム戦の結果はセ・リーグの勝利でしたが、お祭り気分で、楽しかったです。

何があったかわかりませんが、一緒に行くはずだった女の子にでもフラれたのでしょうか。
チケットを譲ってくれたS君。ありがとう。
ビアガーデン、雨降らなくてよかったね。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サプライズ
2009/07/23(Thu)
昨日、世の中は皆既日食で沸いた2009年7月22日、めでたく誕生日を迎え、32歳になってしまったらっきょです。

時が経つのは早いわー。
20代のときは、30代なんておばさん!って思ってたのに、今は30代って悪くないなーなんて思って
ます。むしろ29歳のときの方がじたばたしてましたしねー。

朝起きて、私自身は誕生日を忘れてたのに、旦那が「プププッ32歳」と笑ってました。ってか、毎年
私が歳をとることを笑う夫であります。

さて、夜もお寿司を食べるので晩御飯を用意しなくても良いとのことだったので、結局昨日はダラダラ
過ごし旦那が帰ってくるのを待っててました。

旦那が帰ってきたのでドアを開けると、なんと!!!
旦那が花束を持っていたのです☆
32歳の誕生日に旦那がくれた花束
この間沖縄に行ったし、欲しいものも特になかったので、誕生日プレゼントは別にいいやーなんて言っ
ていたんですが、なんと、お花をプレゼントしてくれるとはーーーー!!!とってもお花きれー♪
こんなこと、できる人だったのねー
と心の中で思っていたら

「おれは、(花をプレゼントすることが)できる男だからね」みたいに、どや顔してました。
花束で花瓶にいけるのもよいですが、ちょっと小分けにしようと思って、とりあえず2つだけ↓
小分けした花2小分けした花1

ケーキは、デコレーションケーキじゃなくて、私がお願いしたきのとやのイチゴプリンロール。
もう、ろうそく立てるのはね・・・
ケーキ、とっても美味しかったですよ♪

旦那様、ありがとーございましたー☆

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ディアドクター
2009/07/18(Sat)
昨日は親友のユキちゃんと『ディアドクター』を見てきました。

ディアドクター

監督は『ゆれる』がブルーリボン賞などで数々の賞を受賞した西川美和さん。(以前の記事→
残念ながら受賞には至りませんでしたが、「きのうの神さま」が直木賞ノミネートされていました、作家
としても注目の監督です。

山間の小さな村のただ一人の医師、伊野が失踪した。村人たちに全幅の信頼を寄せられていた伊野だったが、彼の背景を知るものは誰一人としていなかった。やがて刑事が二人やってきて彼の身辺を洗い始める――。失踪の2か月前、東京の医大を出たばかりの研修医・相馬が村にやってくる。看護師の朱美と3人での診察の日々。そんなある日、一人暮らしの未亡人、かづ子が倒れたとの一報が入る……。

小説を読みながら映像を見てるような、そんな気分になりました。
西川美和監督というのは、とても美人で、女らしい雰囲気を一見受けるんですが、伊野先生が失踪し
てからの警察の事情徴収の場面と伊野という医師が村の人々とどのように交流し信用を得ていたか
という場面を交互に出す技法・・・って言うのかな?とか、景色の映し方、それがなんとも「男っぽい」
なぁという感覚を持ちました。

私が個人的に素敵だなという場面は、暗い田舎の夜、かず子さんの家にこっそり診察に来た伊野先
生が帰るときに、ペンライトつけてをぐるぐる回してかずこさんに合図を送るところです。
なんかすごいやさしい感じがしました。
鶴瓶さんの不器用で一生懸命でちょっと悲しい演技が、まさに『ディアドクター』と言うにふさわしかっ
たです。また、脇を固める布陣が、私の大好きな人たちばかり。
伊野を支える看護師役に余貴美子さん、伊野を慕うぼんぼんの研修医役に瑛汰さん、伊野の失踪に
ついて調べている刑事に松重豊さん、岩松了さん、かず子の娘で医師の律子役に井川遥さん、そし
て未亡人かず子役の八千草薫さん。忘れてましたが、製薬会社の営業役の香川照之さん。
忘れちゃってたんですが、本当はすごい好きな人です。素敵。
今回も、刑事の事情徴収を受けてるときに、印象的な台詞を残してます。しかも二つほど。
医師と医師でないものの境界、愛と人間愛との境界・・・ということを考えさせる言葉でした。
その言葉が、失踪した伊野という医師の真相をしめしてるのだろうな、きっと。

八千草薫さんが、とってもキュートでした。
そして、井川遥さんの横顔がクローズアップされる場面があるのですが、めちゃめちゃきれいでした。
瑛汰くんが目標とする伊野先生を必死で探す畑の中の場面と伊野先生がいなくなって、自分はなん
となく偽者じゃないかと気づいていたんだって刑事に話す場面が、目的や目標を失ってしまったが、そ
れを表に出すことができない辛さが、この先、この研修医はどんな医師になるんだろう・・・と心配にな
りました。まぁ、物語の中の登場人物なんですがね。。。

と、結局何を言いたいかまとめれませんでしたが、素敵な作品なので、是非見てください!



この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
うちのミニトマト
2009/07/17(Fri)
ついに!うちのミニトマトが赤くなりました!

ミニトマト

なんか、どんどん実になってきてますが、やっとこのトマトだけが赤くなってくれました。
緑でも、実になってくれただけで、とても愛おしいミニトマトたちですが、母さんが先日来たときに、下
のほうの葉を取ってくれたおかげで、よく成長するようになった気がします。

思ったよりもたくさん実を付けてくれたので、今年はたくさん『らっきょ菜園』のミニトマト&青しそを
食べれそうです♪
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
沖縄旅行(其の六 泡盛と二日酔いと旦那)
2009/07/09(Thu)
前日、泡盛を飲んでご機嫌だった旦那↓
前日のほろ酔い旦那
ホテルに戻ってベッドに横になった瞬間に、大きないびきをかきながら寝てしまいました。
歯を磨くよ!とゆすっても一向に起きないので、しょうがないから私も寝る準備をして寝てしまいまし
た。

次の日の朝、天気が良かったので、私はご機嫌で起きたのですが・・・
旦那がこんな感じでダウン。。。↓
次の日
結局、私ひとりでホテルの朝食を食べ、旦那は部屋で寝てました。

そんな旦那とどうしても一緒に写真を撮りたくて、パチリ。
グダグダの旦那とパチリ
旦那に「ひどいぃ・・・」と言われながらも、二日酔いの旦那を写真に撮りまくりました♪

これも含めて、いい思い出でしょう。

帰るころには、旦那の具合悪いのも治り、元気に帰れましたよー


ということで、私たちのどたばた沖縄旅行レポート、おしまいです☆

あー・・・車、買わなきゃナ・・・
この記事のURL | 日記 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
沖縄旅行(其の五 シーサーとハクション大魔王)
2009/07/08(Wed)
3日目。朝食を食べた後に、ホテルを移動しました。
ほんと、いいホテルだった・・・かりゆしリゾートスパ。。。また来たいわ。。。

首里城に向かいました。
あとでわかったんですが、「三大がっかり」って言われているらしいですね。
行ってみたら大したことがない場所ってことで。ちなみに、その3つのうちの一つに、我らが北海道
札幌市の時計台もあげられているらしいです。

でも、私は首里城、結構感動しました。
なんというか、色使いが全然違うんですよねー。
沖縄の人の言葉とかも声の出し方から違うので、いろんなところで文化の違いを感じる旅でした。
まず、守礼の門。教科書でしか見たこと無かったわ。
守礼の門
首里城↓
暖かいところだと、こんな豊かな色使いになるのねー。と感動。
首里城1
首里城2
首里城3

次に行ったのは沖縄ワールド。
鍾乳洞に入りました。
沖縄ワールド
何千年もかけて、こんなものを作り上げた自然ってすごいですねー。
鍾乳洞
なんか、変な磁場が発生していたのか、写真がうまくとれなかったんですが、ここが一番きれいで
した↓
鍾乳洞2

ハブ酒造り↓こ・・・怖い。どうせ買わないけど、ハブ酒は高くてびっくり。
ハブ酒

そして、沖縄伝統工芸館で、シーサー作りに挑戦!
実は私はこれがかなり楽しみでした♪
右のキュートな方が、私が作ったメスシーサー。
左のハクション大魔王似は旦那が作ったオスシーサーです。↓
シーサー作り
最初、どう見ても守り神シーサーというよりも、グレムリンにしか見えなくて、どうなることかと思いまし
たが、とってもキュートなシーサーができました。
最初、面倒くさがっていた旦那も、久々の粘土いじりに、童心に戻っているような顔をしてましたよ。
楽しかった♪

ちなみに、基本的にシーサーにメスもオスもないらしいですよ。

夜は、旦那が泡盛を飲みました。↓
考えてみると、沖縄に来てからお酒を飲んでいなかったんですよねー。
私も滅多にお酒を飲まないのですが、この日ばかりはオリオンビールをいただきました。
(半分しか飲めなかったけど・・・)
居酒屋にて
泡盛の1号徳利にもシーサーがいましたよ。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
沖縄旅行(其の四 沖縄の梅雨明けと共にやってきた夫婦2)
2009/07/05(Sun)
さてさて・・・
初沖縄の海、初シュノーケルということで、ワクワクしていきました。
これが、「青の洞窟」です↓
シュノーケル(青の洞窟)
洞窟を入ったときは真っ暗だったのですが、洞窟の中から入り口の方を見ると、まさに「青の洞窟」。
きれいな青い色の海がありました。
魚にも親指大くらいの麩を2つずつ餌付けすることができ、こんな風に魚が近づいてきてくれました。
シュノーケル(青の洞窟)2
私たちが海に入る頃には、雲も消え、太陽が出てきたので、洞窟から出ると西日が海の中を遠くまで
照らし、より海の中がよく見えて、本当に、本当にきれいでした。

海もきれいだったし、魚もかわいくて、最高の一日でした。

ちなみに、魚への餌付けは、あまり魚に良くないので、普通の人はしない方がいいそうです。
やりたいのなら、こういうツアーに参加されると良いかとおもいます。


帰りにステーキハウス朝日レストランでステーキを食べました。
ステーキハウス朝日レストラン1
ステーキハウス朝日レストラン2

このお店は、最初に生肉を食べさせてくれます。
有名人も御用達のお店で、沖縄に来ると、必ず訪れるという人も多いようです。
美味しかったですよー♪

そんな私たち二人は帰ってきたら、くったくたでした。。。
この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
沖縄旅行(其の四 沖縄の梅雨明けと共にやってきた夫婦1)
2009/07/05(Sun)
さて・・・とんでもないアクシデントに見舞われた1日を乗り越え、新しい朝がやってきました。
曇り空でしたが、前日は雷雨だった空も、私たちが沖縄に来てすぐ雨が止んでくれました。

これで雨でも降られたら、かなり落ち込んでたかも。。。

さて、ベランダからの景色です。これは左側。
ベランダからの景色1
前の記事のときは夜でしたが、これは朝の風景です。
向こうまでずっと見える建物ですが、全部同じホテルです。広いでしょー。
そして、ホテルのベランダから見える、右側の景色↓
ベランダからの景色2
青い海が広がってます。
夜は暗くてわからなかったんですが、朝見て感動しました。なんてきれいな海なんだろう・・・って。

プールのところには、たくさん小さなシーサーがいました。
陽気なかりゆシーサーたち↓
かりゆしーさーたち
なんか、見るだけで元気になる感じのシーサーたちがいっぱいです。

朝ごはんはホテルで食べたのですが、このホテルの朝食、かなり美味しかったです。
正直、いろんな人から「北海道の料理を食べてたら、沖縄の料理は美味しくないでしょ」とか言われて
いたのですが、全然そんなこと無かったですよー。このホテルだけなのかな?

そして、いざ、美ら海水族館へ!・・・の前にパチリ。
はしゃぐ女
前の日は到着が夜だったので、全然わからなかったのですが、こんなにきれいな海岸線だったのね
ーと、旅行者バリバリで撮りました。

そして美ら海水族館へ↓
じんべいざめ(美ら海水族館)
正直、たくさん写真を撮ったのですが、やっぱり美ら海水族館といえば、ジンベイザメですよね。
なんか、周りの魚たちも、ジンベイザメを慕ってるみたいに見えませんか?
広い水槽の中を、ゆったりと泳ぐ巨大なジンベイザメを見てると、すごく穏やかな気持ちになりました。
何時間でも見ていれるねーなんて、ちょっとゆっくりしちゃいました。

ただ、水槽がゆがんでいるので、ちょっと酔ったような気分になる人がいるので注意です。
(私も少し酔いました。)

午後にシュノーケルがあるので、ゆっくりもしていられず、地元でも有名らしい『きしもと食堂』という
沖縄そば屋さんへ。
きしもと食堂
旅行雑誌とかにも「美ら海水族館に行った後のお昼はココ!」みたいに紹介されていたので、美ら海
水族館→きしもと食堂という同じプランの人が多かったようで、水族館で見た人とかと会うと、ちょっと
恥ずかしかったです。

沖縄そばは、昔旦那が出張で買ってきてくれたのですが、そのときはさほど感動もせず、どういう
ものかも忘れてたのですが、あれはそばではなく、うどんですねー。
スープがすごく美味しかったです。
・・・というのも、実はうどんがそんなに好きではなので(嫌いじゃないのですが)こんなコメントですみ
ません。でも、ラフテーも美味しかったです。
旦那はとっても美味しそうに大盛り食べてましたよー。

本当はこの後に『ナゴパイナップルパーク』に行く予定だったのですが、時間が押してしまって、
結局ホテルでシュノーケルの用意をすることに。
プールに行く時用の水着を身につけ、いざ真栄田岬(マエダミサキ)へ。


次回へ続く・・・
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
沖縄旅行(其の参 雨の沖縄到着)
2009/07/03(Fri)
さてさて・・・
着いたのが20時近かったので、レンタカーを借りた後にご飯を食べることになりました。
レンタカー屋さんの受付の男の人、手続きに急ぐことなく、常にゆったりとした感じ。
これが沖縄の人の『島時間』ってやつなのかなぁなどと思いつつ車を走らせる頃にはもう21時。
入った地元の居酒屋さんっぽいところでご飯を食べました。
海ぶどう↓
海ぶどう
海ぶどう、初めて食べました。口の中に入れるとすぐ溶けてしまってびっくり!
沖縄風てんぷら↓
沖縄風てんぷら
ゴーヤとかなんだかわからない淡白な白身魚とかでした。
美味しかった♪

そのほかにゴーヤちゃんプルとか焼きそばとか食べたんだけど、写真撮り忘れちゃいました。
入ったお店に店員が少なくて、なのに混んでたんで、結構時間がかかっちゃいました。
でも美味しかったから、いいやー。

ちょっと話しがずれますが、沖縄の人って、やっぱり顔の彫が深いですねー。
彫の浅い私の顔は、間違いなく、沖縄の人ではないと丸わかりでしょう。

さて。。。ご飯を食べてから車を走らせること1時間。もうすでに23時を過ぎていました。
そうそう、着いたときには少し雨が降っていたのですが、私たちが車で走る頃にはすっかり止んでまし
た。しかも、アスファルトは既にほとんど乾いてました。さすが沖縄。

やっとのことでホテルに到着!
かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパに泊まりました。

部屋の中はこちら↓
かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ
ホテルからの夜景↓
ホテルからの夜景

部屋の中に入って感激!
部屋はとってもきれいだし、広いし、オーシャンビューで外のプールも見えるし、エントランスもある。
しかも最上階!

私たちが泊まったのは新館だったのですが、旅行会社のプランの方だと、本当は旧館だったはずなん
です。もしかして、旅行会社の人が、私たちの遅れた理由を連絡したときに、気を利かせてホテルの
人がいい部屋に変えてくれたのかな?なんて話してました。
真相はわからないままなのですが・・・

とにかく、すごい素敵な部屋に、私たち二人は本当に感激したのでありました。
もちろん、大の字になって寝たのは、言うまでもありません。

次回へ続く・・・







この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
沖縄旅行(其の弐 地獄からの脱却なるか)
2009/07/02(Thu)
そんなわけで、行きの飛行機に乗れなかったらっきょ夫婦。

J○Bのパックツアーだったため、飛行機の時間を変えてもらうこともできず、一気に険悪ムードに。
(ちなみに、公共交通機関を使っていてのやむを得ない場合の遅刻は、変更できます)

旦那は気を落ち着かせるためにタバコを吸いに行き、私は買ったばかりのipodでDEPAPEPEを聞きな
がら、必死で泣き出しそうなのをこらえたのであった。。。

思えば、今の車になってから、旅行がキャンセルになったこと、前にもあったな・・・
前は函館に旅行に行こうと、楽しみにしていたら、ルスツリゾートの500mぐらい手前でエンジンから煙
を吐いたのでした。
旅行もそうだけれども、今までにこの車に乗ってると、人を巻き込んだりする事故は無かったものの、
何かとトラブルが多かった・・・

そんなことを考えていたら、ちょー車をぶっ壊したい気分。
私たち夫婦も険悪ムードだったし、危うく「成田離婚」ならぬ、「千歳離婚」っていう新しいジャンルの離
婚の形が生まれるところでしたよ。

私としては、行けないのならば、もう一刻も早く自宅に帰りたい。。。


しかし、タバコから戻ってきた旦那が、「とりあえず旅行会社が開店の時間になったら連絡してみよう」
と言うので待ってみることに。

喫茶店で暇を潰し、10時過ぎて(ちなみに飛行機に乗れないと確定したのが8:25ぐらい)旅行会社に
電話し、キャンセル(できないとはわかっていたのですが)できるかどうかと、飛行機を取るならいくら
かということなど、一番良い方法を相談しました。
こんなとき、旅行に慣れてないと、本当にわからなくて困りますね。

それで一番安い航空券は二人で¥70,000のスカイマーク。
「やっぱり行こう!」と旦那が男気を見せ、私も少し悩んだのですが、もし行かなかったら、この先どこ
も行けなくなりそうな気がしたので、予定外の出費は痛いが、行くことを決意。

そして、急いでチケットを買い、いざ沖縄へ・・・・
といっても、羽田で3時間待ち。。。


やっとの思いで那覇空港に着いたのは20時ちょっと前。
石垣島の獅子

こんなに飛行機乗ったのも、ほぼ1冊文庫本が読めるぐらいの時間、飛行機を待ったのもはじめて・・・

どうなる、沖縄旅行???


次回へ続く・・・
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。