2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ユナイテッド93
2006/08/14(Mon)
今日、映画を見てきました。

ユナイテッド93』です。

ユナイテッド93


今でも忘れられないな・・・
あの2001年9月11日にアメリカで起きた同時多発テロでのワール
ドトレードセンタービルに2機の飛行機が墜落するところなど、映画
の一部分やCGかと間違えるぐらい、非現実的なことが現実になった瞬
間でした。

そして、この映画はハイジャックされた4機中、唯一目的物に到達しな
ユナイテッド93機での出来事を描いています。

この映画では、スター俳優などは存在せず、無名俳優や一般の人がキャ
スティングされています。本物のパイロットなどもいる中で、連邦航
空管制センターの人は本物の方だったそうです。

スター俳優がいないということが、より臨場感を増させ、普段と変わら
ない何気ない1日の始まりから静かにテロは開始されていくという描写
は9.11テロのノンフィクションの映画というより、今そこで起こっ
ていることのドキュメンタリーであるかのようでした。

ハイジャックされ、他の3機が目的物に墜落していることを知って、死
を覚悟し愛する人に別れの電話をする人、助けを求める人。
でも、それでも最後まで諦めないでテロリスト達に立ち向かう者。
また、ハイジャック犯が、何を信じてテロを実行したか・・・
それは私たちにはわかりえないですが、『正義』っていうものがどうい
うものなのか。本当に考えさせられます。

結果がわかっていても・・・いるからこそ、そのユナイテッド93の乗
員全員の命の尊さが如実に描かれています。

エンドロールで、誰が誰かはわかりませんが、一人ひとりのキャストに
そのとき乗っていた40人の名前がつけられていました。

悲しいけれども、あの事件を風化させないためにも、命の尊さをわかっ
てもらうためにも、見てほしい作品です。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://rakkyohibi.blog61.fc2.com/tb.php/193-7183a7d3

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。