2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
カンブリア宮殿
2008/07/08(Tue)
結構好きで良く見る番組で『カンブリア宮殿』というのがあります。
カンブリア宮殿 村上龍×経済人カンブリア宮殿 村上龍×経済人
(2007/05/26)
村上 龍

商品詳細を見る
テレビ東京系なので、北海道では道東のほうは見れないと思うのですが、残念です。

各界のいわゆる「できる社長・会長」を招いて、彼らの考え方や、今後の課題などを聞く番組で、コメンテーターは村上龍・小池栄子ちゃんです。

特に最近見て感動したのは、「リストラをしないで企業を再建させる」ということを成し遂げている
日本電産代表取締役社長(CEO)永守重信(ながもり・しげのぶ)氏です。
ライブドアとかの事件があったので、M&Aって、なんだかすごい悪いことみたいに思われるかもしれ
ませんが、彼は全然違います。

その企業の社員全員の意識や、目線をほんのちょっと変えさせるだけなんです。
でも、それがちょっと変わっただけでも、全員が変わるんですから、変化は絶大。
全員が、いつもより早く会社に訪れ、自分の席だけでなく、床から何からを掃除することから始まり、いつもより1時間多く仕事をする。1時間多く働いても、賃金は前の1時間少ない時間と変わらない賃金で、。会社で物を買うときは、1円でも稟議書を提出させて、本当にいいものを安くものを仕入れる。一見社員が損をしているような気さえする。でも違うんです。
最初はつらくても、1年後には必ず成果があるんです。
これが、1人のリストラを出すことなく、企業を再建させるスペシャリストのなせる業なんですよ。
私がテレビを見たときは、5億の負債を背負っていた会社が、1年後には10億の利益を出したという
のが出ていました。すごい。。。

企業には潜在的な能力っていうのがあって、それを生かすも殺すも、舵を取る経営陣の手腕にかかっ
ている。それは、以前私がいた会社とかで、こういう上司がいればなぁ・・・って思っていた、まさに
「救世主」のような人だなと思いました。

ちなみに、彼の著書もありますので乗せて置きますね。
日本電産永守イズムの挑戦 (日経ビジネス人文庫 ブルー に 1-32)日本電産永守イズムの挑戦 (日経ビジネス人文庫 ブルー に 1-32)
(2008/04)
日本経済新聞社

商品詳細を見る

この人です。
関西人の方で、妙に話がうますぎて胡散臭さもあったんですが(笑)その実力は、彼が買収した企業
は「永守が買収した」といって、必ず株価があがるぐらいだそうですよー。

こういう話が好きな方は、ご一読ください。
ってか、私も読んでないけどー。

というより、専業主婦の私が、こんなに企業再建について熱く語るのもどうかと思いますね。。。

それではでは。。。

  

スポンサーサイト
この記事のURL | TV | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://rakkyohibi.blog61.fc2.com/tb.php/501-7b2ddd19

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。