2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ドラマ『四つの嘘』
2008/08/10(Sun)
今日は、ドラマ『四つの嘘』について書きます。
四つの嘘

あまり視聴率が良くないのがすごく残念ですが、絶対今クールのドラマで一押しで面白いドラマです。

脚本家・大石静さんの小説をドラマ化したものです。

友人の事故死をきっかけに再会した女性たちの確執を描く。主婦・美波(みわ・羽田美智子)が元恋人・河野(仲村トオル)とカナダで密会中、水難事故死した。河野の死を知った元妻で美波の同級生・詩文(しふみ・永作博美)は、関係ないと切り捨てるが、同じく同級生の・満希子(まきこ・寺島しのぶ)は河野と美波の不倫関係を疑う。。。

というのが第一話のお話です。女って、怖いですねー。でも、わかるんだなー、これが。

永作博美さん、いくつになってもかわいいです。
とても童顔で、実際は3つばかし若いですが、ドラマでは41歳の設定です。
どっちにしても、全然見えません。
いつまで経っても永遠のribbonのままでいてくれてます。(乙女塾、覚えてますか?)

だけど、彼女って絶対、『悪女』っぽい役をやりますよねー。
この作品でも、高校時代から『魔性』って言われてます。(ちなみに彼女の娘も魔性と言われている)
でもなんでだろう?童顔と魔性ってイコールなのかなぁ?
ただ、彼女が『魔性の女』を演じると、何をやっても許したくなるからですかね?
なんていうか、いやみがあまりないというか、「いかにも!」っていうのとは違いますよね。

だけども、永作さんの出る作品は面白いから、ついつい見ちゃいます。

で、実は一番の見所は、寺島しのぶ演じる、高校生のときは華やかな優等生だったが、今は平凡な
主婦になってしまった「満希子」。
親友の美波(羽田美智子)が不倫密会中に事故でなくなったのを、表面では「信じられない!」とか
言いながら、実はものすごくそういう自由な恋愛に憧れていて、息子の家庭教師の誘惑に乗ってしま
うという役どころなんですが、彼が汗を拭いたハンカチのにおいを嗅ぐ恍惚した表情とか、どう見てもち
ょっと変態なんだけれども、なんか面白くって、とても注目です。

もし、ミスキャストがいるとすれば、ネリ役の高島礼子さんかなぁ。。。
いや、演技力もあるし、かっこいい医師っていうのは彼女にとても合っているのですが、「恋愛経験
がとてつもなく少ない」女性を演じるには、色っぽ過ぎるなぁと。
でも、「自分の意思がある一本筋の通った女」というところでは、彼女なんだよなー。

あっ、勝地涼君が永作博美演じる詩文(しふみ)の(元?)恋人で、ボクサー役で出てます。
男の顔の中に時折見せる少年の顔が、母性本能をくすぐられます。

それと、なかなかこういう言葉って出てこないぞーっていう、女の胸のうちを、ズバッと言ってくれる、
大石さんの脚本にも注目です!

皆様、是非是非ご覧ください☆

四つの嘘 (幻冬舎文庫 お 20-3)四つの嘘 (幻冬舎文庫 お 20-3)
(2008/06)
大石 静

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事のURL | TV | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://rakkyohibi.blog61.fc2.com/tb.php/510-9543b678

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。