2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『ジャージの二人』
2008/08/20(Wed)
今日は、シアターキノで公開中の『ジャージの二人』を見に行きました。
ジャージの二人
原作は『サイドカーに犬』の長嶋有さん、監督は『チームバチスタの栄光』の中村義洋監督です。
最近、映画を頻繁に見るようになって、監督や原作者のことも知るようになったのですが、出演俳優だ
けでなく、「この監督の作品だから、見てみようかな・・・」って感じで、映画を見てみるのもいいものだ
なぁーなんて思いはじめています。

でも・・・一専業主婦に過ぎない私は、一体どこに向かおうとしてるんだ?とも思いますが。。。
旦那、ごめんね。。。

さてさて、主演は堺雅人さんです。写真右側の「ルビー色の」ジャージを着ています。
隣の「エメラルド色の」ジャージは父親役の鮎川誠さん(シーナアンドロケッツ)。
すごくゆるーーーい雰囲気の映画でした。
「何かをする」というよりも「何もしなかった」ことの中に、いろいろな想いが感じられて、とても興味深い
作品だったと思います。そういう意味では、先日観た『百万円と苦虫女』の「人は一所にずっといること
を望むもの、それを望まないということを選ぶこと」という私が感じたイメージと、なんとなく似ている気
がします。

あらすじは、主人公の「僕」が、祖母の住んでいた北軽井沢の別荘で父とひと夏(ふた夏?)を過ごし
ます。そのときに、祖母が昔から集めていた古着のジャージを父と着ます。それが↑の写真。
2人とも似合いすぎです。

で、この息子の妻(水野美紀)は会社の同僚と不倫中で、その男の子供がほしいと言う。
息子は仕事をやめ、一応小説を書いている。。。で、父と一緒に別荘で夏をすごします。
父も、3度目の結婚が黄色信号ということ。

そんな2人の心の葛藤が、多くを語っていないのに、ひしひしと伝わってくる演出でした。
本当は妻に不倫相手を会うのを止めてほしいのに、止めてと言えない、メールがしたいのに、メール
ができない、本当は大好きなのに、大好きと言えない。

本当に大切なことは、その相手のことを思えば思うほど、言葉にできなくなるんですよね。
リアルな感情が映像ににじみ出ていました。

それに反して、北軽井沢のキャベツ畑や木のトンネルの美しいこと。。。
一度行って見たいなー。

「僕」役に堺雅人さん、「父」役に鮎川誠さんを起用したというのは、原作を読んでいただければわかり
ますが、かなりのグッドチョイス。堺雅人さんって、TVで見ると結構格好つけた役が多いんですが、篤
姫の徳川家定役のように奇異な役もできるオールラウンダーな俳優さんですので、どっからどう見ても
格好良くない「僕」役も難なくこなしてました。彼以外に、この役ができる人は誰がいるだろう?
本当はいい男なのに、かっこ良くない役で、こんなにも哀愁を漂わせれる俳優さんって、やっぱり彼以
外に考え付かないかもなー。
でも、鮎川さんに至っては、「長嶋さん(原作者)は鮎川さんをイメージして書いたのでは?」ぐらい思
いました。
妻役の水野美紀さんも、愛人とのプリクラを僕に取られて「大切なものだから返して」って泣きながら
言うところなんか、「僕」の気持ちを考えれば、本当は罵倒してやりたい気持ちがいっぱいだけれど
も、彼女が演じると、私が「僕」でも、多分何も言い返せないんだろうな。。。そんな雰囲気がありまし
た。

で、近所に住んでいる「遠藤さん」役の大楠道代さんは、父が「魔女なんじゃないかな・・・」っていう
のもうなずけるミステリアスな存在感で、だからといって、近づきたくないな・・・というのではなく、むし
ろ会ってみたいなぁと思いました。

もし、興味があるのでしたら、原作を読んでから、この映画をご覧ください。
決して原作より劣ると言うことはありませんので。

ジャージの二人 (集英社文庫 な 44-1)ジャージの二人 (集英社文庫 な 44-1)
(2007/01)
長嶋 有

商品詳細を見る


予告編です↓


スポンサーサイト
この記事のURL | 映画 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 承認待ちコメント -
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/10/22 02:45  | | #[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://rakkyohibi.blog61.fc2.com/tb.php/511-9b817ff6

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。