2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『デトロイト・メタル・シティ』
2008/09/06(Sat)
岩松了監督・脚本、オダギリジョー主演の『たみおのしあわせ』を見に行こうと思っていたのですが、朝早く家
を出れなかったので、急遽変更。

デトロイト・メタル・シティ』を見てきました。
デトロイト・メタル・シティ

原作は若杉公徳の同名漫画です。
私は見たことなかったんですが、映画がこれだけ面白いんだから、原作はさぞ面白いんだろう・・・と今
から期待しておりまする。

おしゃれなポップミュージシャンを目指して、大学進学とともに上京した主人公・根岸。
しかし、ひょんなことから彼の目指すものとは全く正反対の人気悪魔系デスメタルバンド『デトロイト・メ
タル・シティ(DMC)』のギター&ボーカル「ヨハネ・クラウザーⅡ世」として活動することになる。
彼らのデビューシングルは根岸の予想を上回る人気となり、彼はカリスマ悪魔歌手と祭り上げられて
いく・・・


いやー、松山ケンイチは本当に何でもやりますねー。
たしかに、ヨハネ・クラウザーⅡ世はイっちゃっている役ですが、普段の根岸も普通の男の子とはいい
がたい、ちょっぴりイタい男の子。
その2つを同時に演じ分ける彼の演技力に脱帽です。

根岸が思いを寄せる相川さんを演じるのは加藤ローサちゃん。
根岸が愛読しているおしゃれ雑誌の編集に携わる出版社のおしゃれなOLさんになるのですが、とー
ーーっても顔が小さくて、キュートでした。
彼女がはいているひよこの毛糸のパンツ、私もほしい!

映画は思わず笑ってしまうところばかりなのですが、宮崎美子さん演じる根岸の母が、彼がDMCのク
ラ様であることをお見通しで、知らないフリをしながら、お守りを渡し励ますシーンでは、ちょっとウルッ
としてしまいました。

あと、もうひとつの見所は、根岸のデスメタルにおける才能を見出した、DMCが所属する事務所デス
レコーズ社長役は松雪泰子さんが演じてます。
この、彼女のSっぷりが最高です。
デトロイト・メタル・シティ2

ご覧のとおり、舌でタバコの火を消します。
そのほかに、「僕はおしゃれな音楽がやりたい」という根岸君の頭に回し蹴り。
「そんなんじゃあたしは濡れないんだよ!」「ファッキュー」という恥ずかしい言葉の数々。

周りを容赦なく巻き込むKYキャラは、あの伝説のお嬢様キャラ「白鳥麗子」を余裕で超えています。

私はその人のカリスマ性がわからないのですが、KISSのギタリスト・ジーンシモンズさんも出ていま
す。すごい人らしいのに、あんな扱いでよいのでしょうか?

そんなこんなで、気になった人は是非是非ご覧ください!原作を見なくても、十分面白かったです☆







スポンサーサイト
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://rakkyohibi.blog61.fc2.com/tb.php/513-dde33066

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。