2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
たみおのしあわせ
2008/09/26(Fri)
昨日は木曜日だったので、2本映画を見てきました。
一本目は『たみおのしあわせ』です。
たみおのしあわせ
岩松了監督、オダギリジョー主演です。
岩松了さんって、わかりますか?時効警察をご覧だった方、時効課のちょっとおちゃめな課長さん役
だった人です。いろんなドラマや映画にはちょこちょこ出てるんですが、あの役はかなりインパクト強かったのではないかと思います。その人が監督です。



結婚しても、しなくても、


どのみち君は


後悔することになる―――ソクラテス





父と暮らす神崎民男(オダギリジョー)は、女性との付き合いが得意ではない青年。そんな彼が父・伸男(原田芳雄)の上司の紹介で見合いをし、見合い相手の瞳(麻生久美子)と結婚を前提にした交際を始める。優柔不断で何事も成り行きまかせの民男は無事に挙式の日を迎えるが、彼は本当の幸せを結婚に見いだすことができるのか……。(シネマトゥデイ)

なんとも物語の大半部分は民男と父信夫との、日常における揺れる心を描いています。
ちょっと、最初は退屈だったかな。
ただ、私が考えるに、おそらく監督は、最後のシーンを撮りたがったためにこの映画を作ったのではな
いかかと思いました。だから、前半部分は全て、そのシーンのための布石だと考えると、この監督、も
のすごいやつかも!って、素人ながら思ってしまいました。
映画館でも、最後の結婚式のシーンになったとき、どっと笑いがおきました。
そうきたか・・・なるほど。

そのシーンはまさしく、「結婚しても、しなくても、どのみち君は後悔することになる」という哲学そのも
のなのです。

オダジョーが、イケメンを隠しきれていれないけれども、オタクっぽい役を楽しそうにやってる感じがしました。『ゆれる』っていう映画のときは、100%イケメンだったので、近寄りがたいイメージがあるので
すが、こういうちょっと間抜けな役のオダジョーも、かなり魅力的でした。

父親役の原田芳雄さん、昔は「おっかない人・・・」って思っていたのですが、この映画では、すごくキ
ュートで、大好きになっちゃいました。

麻生久美子ちゃん、ウエディングドレス姿、美しすぎる。。。

他に、大竹しのぶさんや小林薫さんも出てるんですが、大竹しのぶさん、なんとなくさんまさんと別れ
るときも、こんな風だったなのかなぁ?と妙にリアルな感じに見えました。小林薫さんのだめ男は、そ
んなに見たこと無いけど、意外とだめ男が板についていて、いい味でしたよー。

そうそう、この主題歌、かっこいいんですよ!
「勝手にしやがれ」という7人組のバンドです。主題歌「ラスト・ダンス」はHPで聞けますので、是非聞
いてみてください。

って、ちなみに私は、結婚に後悔なんかしてませんよ。

今のところはね♪

↓予告編です。
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://rakkyohibi.blog61.fc2.com/tb.php/522-90bf8f6d

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。